MENU

【中国】無制限で格安のおすすめポケットwifiレンタルプラン比較

中国旅行においてポケットwifiをレンタルを考えているとき、無制限のプランにするべきか気になりますよね。また、無制限のプランを選ぶ場合にどのレンタル事業者を選ぶべきか気になりますよね。

この記事を見る事で、中国旅行における無制限で格安のおすすめポケットwifiレンタルプランを知ることができます。また、中国で無制限プランのあるポケットwifiレンタルの事業者も一覧で紹介しています。

目次

【中国】無制限のポケットwifiレンタルプランがある事業者一覧

まず、中国で利用できる無制限のポケットwifiレンタルプランを取り扱っている事業者を簡単に紹介しましょう。

事業者特徴当日申込手数料ブランド申込
海外用ポケットwifiレンタルの最大手の事業者0申込
無人カウンターのポケットwifiレンタル事業者0申込
中国専用プランの取り扱っている事業者×0申込
中国用無制限プランも取り扱っている事業者×0申込
アジア各国で使用できるwifiのレンタル事業者×0申込
中国用無制限プランも取り扱っている事業者×0申込
世界各国で使用できるwifiのレンタル事業者×0申込

グローバルWiFi

グローバルWiFiは海外用ポケットwifiレンタルの最大手の事業者です。中国用の無制限ポケットwifiのレンタルも取り扱っており、自宅配送のほか、日本国内の空港で受け取ることも可能です。レンタル料金も他社に比べ、安い設定となっています。当日の申込も、空きがあれば可能です。VPN対応の特別回線プランも取り扱っています。

WiFiBOX

WiFiBOXは、無人カウンターのポケットwifiレンタルで人気を伸ばしている事業者です。クラウドタイプのポケットwifiをレンタルしており、中国用無制限のプランも取り扱っています。WiFiBOXのカウンターにはスタッフがいないので、予約後に自分でスロットからwifiを抜き出して使用します。こちらも当日申込が可能です。WiFiBOXのポケットwifiなら、中国国内でもLINE・Google・YouTube・TwitterなどのSNSやアプリを特別な設定無しでそのまま利用できます。

チャイナDATA

チャイナDATAは、株式会社インバウンドプラットフォームが運営している中国専用のポケットwifiのレンタル事業者です。中国に特化したレンタルサービスで顧客満足度は99.8%と非常に高く、無制限のプランの取り扱いもあります。USDATAも現地空港での受取が可能で、レンタル料金もかなり安い設定です。ただし、当日申込はできません。日本の空港受取なら受取日の3日前もしくは前々日までの予約が必要です。

ペンタクトWiFi

ペンタクトWiFiは、株式会社ピーアンドジーが運営するポケットwifiのレンタル事業者で、中国用無制限プランも取り扱っています。ペンタクトWiFiは空港に店舗がないので、自宅への宅配か空港郵便局留めでの受取となります。そのため、使用日の4日あるいは5日前までに申し込まなければなりません。ペンタクトWiFiは、従来のデイリープランの他に、利用期間と通信量に応じた使い切りプランも提供しています。

tr@velcom

tr@velcomは、株式会社ニッテルが運営するポケットwifiのレンタル事業者で、中国用無制限プランも取り扱っています。tr@velcomも空港に店舗はなく、郵送のみの取り扱いです。tr@velcomは、WEB以外に電話でもレンタルの申込が可能ですが、当日に申し込んで当日受取することはできません。

AsianDATA

AsianDATAは、株式会社インバウンドプラットフォームが運営しているアジアに特化したポケットwifiのレンタル事業者で、中国用の無制限プランも取り扱っています。チャイナDATAと同じ運営元なので安心して利用できるレンタル事業者といえるでしょう。

ワールドDATA

ワールドDATAは、株式会社インバウンドプラットフォームが運営しているレンタル事業者で、グローバルに世界各国に対応したポケットwifiのレンタルを提供しています。もちろん中国用の無制限プランも取り扱っています。

中国旅行や赴任では無制限のポケットwifiは必要か | 容量はどれくらい使う?

中国旅行や赴任の場合、ポケットwifiのレンタルは無制限プランを選んだ方が良いのでしょうか。無制限プランはレンタル料金が高くなるため、通常プランにしておきたいという方もいるかもしれませんが、通信の頻度によっては無制限プランにしておいた方が良い場合もあります。

中国旅行や赴任では無制限のポケットwifiは必要か

中国旅行や赴任で、無制限のポケットwifiが必ず必要という訳ではありません。しかし、少ない容量のポケットwifiをレンタルすると、使用の仕方によっては速度制限にかかってしまう場合があります。速度制限がかかると、インターネットはほぼ使えなくなってしまいます。

海外では、自分が予想するより通信量を使いがちです。旅行先での情報収集だけでなくSNSへの投稿や動画視聴、オンラインの翻訳アプリを利用する方も増えています。グローバルWiFiでは「300MB、600MB、1.1GB、無制限」の4つのプランがありますが、1日300MBのプランでは情報収集やマップ検索だけでギリギリです。600MBでも危ないかもしれません。インターネットを多用したり、複数端末で繋ぐような方は、少なくとも1.1GB以上のプランを推奨します。

中国に何度も渡航している方や中国語がわかる方は、容量の少ないプランでも大丈夫かもしれませんが、海外渡航に不慣れな方や中国に初めて行くという方は、無制限プランを選択する方が良いでしょう。

中国旅行や赴任で容量はどれくらい使う?

中国旅行や赴任で、ポケットwifiのレンタルプランを無制限にするか容量の決まったプランにするかの判断は、容量をどの程度使うかによって決まります。具体的に主な通信内容でどの程度容量を使うのかを表にしてみました。

メール/チャット(300文字程度)1通0.1MB
LINE 音声通話1分間0.4MB
WEB閲覧1ページ1MB〜
画像添付メール1通2MB〜
LINE ビデオ通話1分間5MB〜
動画視聴(標準画質 360p)1分間5MB
動画視聴(標準画質 480p)1分間10MB
動画視聴(標準画質 720p)1分間18MB
動画視聴(高画質 1080p)1分間34MB

中国に限らず、一般的に海外旅行で使う通信量の目安は1人500MBあれば充分といわれていますが、これは1台のスマホでWEBの閲覧やマップ確認などをするなど比較的通信量を使わずに済む使い方に限っての場合です。

SMSや動画視聴をしたり、複数の端末で接続する場合には、少なくとも1日1GB以上の容量が必要となります。1台のポケットwifiを何人かで同時に使用するような場合などは、無制限プランのポケットwifiのレンタルが必須だと考えておきましょう。

中国では無制限のポケットwifiレンタルと格安simの購入はどちらがお得?

海外旅行に出かける方の中には、simを購入して利用する方も増えています。simカードは比較的安く利用できると評判ですが、中国で利用する場合、無制限のポケットwifiレンタルと格安simの購入はどちらがお得なのでしょう。どのような利用状況だと、どちらがお得なのか調べてみまし。

面倒な設定なしで簡単に利用したいならポケットwifiレンタルがおすすめ

中国でのインターネット接続を、面倒な設定なしで簡単に利用したいなら、ポケットwifiレンタルがおすすめです。中国の場合、VPNに対応した特別回線プランでのレンタルが最もおすすめといえます。

中国はインターネットの規制が厳しいため、通常の接続方法では日本で使用しているLINEやGoogleなどのアプリが利用できません。日本で利用しているサービスを利用したいのであればVPNと呼ばれるツールが必要になるのですが、あらかじめVPNを備えているポケットwifiをレンタルすれば面倒な設定は必要ありません。

simの購入に比べるとVPN付きポケットwifiのレンタル料金はやや高めですが、その代わり面倒な設定が必要ありません。中国に着いたら、ポケットwifiの電源を入れるだけでインターネットに接続することができます。また、スマホのロック解除などをする必要もありません。

海外渡航慣れしているならsimの購入がおすすめ

海外渡航慣れしていて、海外でのインターネット通信トラブルにも対応できる自信のある方は、sim購入を考えても良いかもしれません。simカードはポケットwifiレンタルに比べ、価格が安いため、通信費用を抑えることができます。

simカードにはVPN付きのものとそうでないものがあります。VPNについては、自分でVPNを契約して端末にインストールしてインターネット接続をすることもできます。

中国用simカードについては、「LINEやGoogleが使える」といわれているものでも、実際に現地で使用してみたら繋がらなかった、という報告もあがっています。また、中国はインターネット規制が非常に厳しくなってきているので、無料のVPNでは利用できない可能性があります。

中国で無制限のポケットwifiをレンタルする場合はVPN付きにするべき?

中国で無制限のポケットwifiをレンタルする場合には、VPN付きにすることを強くおすすめします。中国では、インターネットの通信内容は国によって検閲されていて、国外のウェブサイト等へのアクセスもブロックされています。VPNの付いていないポケットwifiでは日本で使っているTwitter、LINE、 YouTube、Google全般などのサービスは一切使えません。

VPNとは、簡単にいうと、海外でも日本のインターネットサービスを利用できるようにする通信方法です。VPNは、仮想のプライベートネットワークで通信を行う技術で、中国の規制にかかりません。VPNを使って通信することで、中国現地でもSNSやGoogleを使うことができます。

VPNは自己加入することもできますが、短期間の中国旅行などであれば、日本で中国用ポケットwifiをレンタルしていく方がずっと簡単で割安です。

【中国】無制限で格安のおすすめポケットwifiレンタルプラン比較

ブランドプラン・容量速度受取・返却料金詳細・申込
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


空港
宅配
コンビニ

676円/日

総額 676円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン[VPN]

5000無制限/日

4G


空港
宅配
コンビニ

677円/日

総額 677円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


空港
コンビニ

1190円/日

総額 1190円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


空港
宅配

1280円/日

総額 1280円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


空港
宅配

890円/日

総額 890円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


宅配

880円/日

総額 880円
詳細を見る
4詳細を見る無制限プラン

5000無制限/日

4G


空港
宅配

1990円/日

総額 1990円

まとめ:【中国】無制限で格安のおすすめポケットwifiレンタルプラン比較

いかがでしたでしょうか。中国旅行における無制限で格安のおすすめポケットwifiレンタルについて紹介してきました。この記事のまとめはこちらになります。

  • 中国旅行や赴任で、無制限のポケットwifiが必ず必要という訳ではない。情報収集やマップ検索、翻訳などを使用するのであれば無制限のポケットwifiが安心。
  • 中国で、simを設定するのは初心者の場合難しい。設定に不安を抱える方はポケットwifiレンタルがおすすめ。
  • 中国では、インターネットの通信内容は国によって検閲されており、国外のウェブサイト等へのアクセスもブロックされるのでVPN付きのwifiをレンタルするのがおすすめ

慣れない中国旅行では、想定外のことが起きることもあります。中国旅行前に抱える不安を取り除きたければ、海外wifiレンタルがおすすめです。下記のボタンをクリックして比較して申し込みを進めていきましょう。

目次