MENU

海外でソフトバンクのスマホを使うには?高額請求を免除するには?

海外への渡航を考えている時、現地でソフトバンクのスマホを使うことができるのか気になりますよね。また、高額請求を免除する方法なども気になるはずです。

この記事を見る事で、海外へ渡航するときに現地でソフトバンクのスマホを使うことができるか知ることができます。また、他にも高額請求を免除する方法についても紹介しているので不安を払拭することができるでしょう。

目次

海外でソフトバンクのスマホを使うには?高額請求を免除するには?

慣れていない海外の国では、ルート検索や情報収集などスマホを活用したい場面が多々あると思います。日本で使っているスマホを海外で使うにはどんな方法があるのでしょう。ここでは、ソフトバンクのスマホを海外で使う方法について解説していきます。

海外でソフトバンクのスマホを使うと高額請求になる?いくらになる?

ソフトバンクのスマホを海外で利用するための適切な準備をせずに使った場合、高額請求になる可能性があります。海外旅行にソフトバンクのスマホを持って行ったところ、国際電話をした覚えもないのに数万円の請求がきて驚いた、という話しを聞いたことはありませんか?

高額請求になる理由は海外でのデータローミングです。データローミングとは、日本国内の契約通信事業者の電波が届かない海外において、現地の通信事業者の電波を自動的に拾う機能のことです。海外でデータ通信をする場合、スマホに備わっているデータローミングという機能が働きます。データローミングは便利な一方、通信を利用するほど従量制で課金されてしまうため、高額請求につながってしまうのです。

海外ローミングによる請求額ですが、海外でのデータ通信量によって数千円から場合によっては数百万円になってしまうこともあります。

海外で高額請求を免除してソフトバンクのスマホを使うには?

前の項で海外ローミングによる高額請求について触れましたが、このような請求がくるのでは海外では怖くてスマホが使えなくなってしまいます。しかし、適切な方法を利用すれば、そこまで料金をかけずに海外でソフトバンクのスマホを利用することができます。海外でのソフトバンクの使用方法について解説していきましょう。

ソフトバンクのスマホサービスを利用

ソフトバンクのスマホを海外で使うためには、ソフトバンクの海外ローミングサービスを利用する方法があります。

海外ローミングとは、通信会社が提供している「海外でも通話やメール、データ通信が利用できるサービス」のことです。ソフトバンクの海外ローミングサービスには「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」「アメリカ放題」の3つがあります。3つの違いについては後ほど詳しく解説します。

ソフトバンクのスマホサービスを利用するには、ソフトバンクへの事前確認が必要です。サービスによって事前申し込みが必要な場合や、機種によっては利用できない場合があります。メリットとしては、面倒な作業が要らない、スマホだけでインターネット接続ができる点が挙げられます。

海外wifiレンタルサービスや格安SIMを利用

海外でソフトバンクのスマホを使うには、海外wifiレンタルサービスを使う方法と格安SIMを使う方法もあります。

海外wifiレンタルサービスは、現地の回線データの入ったポケットwifiを必要な期間だけレンタルして、そのポケットwifiを使って海外でインターネット接続する方法です。格安simは、現地の回線データの入ったsimを購入し、スマホのSIMを差し替えて海外でインターネット接続する方法です。

格安SIMの場合、ソフトバンクのスマホのSIMロック解除をしなければ差し替えて利用することができません。また、海外wifiレンタルのポケットwifiは、現地でしか利用することはできず日本国内にいる間は利用できません。

【ソフトバンク】スマホの海外ローミング設定方法

ソフトバンクの海外ローミングを利用するにはどうしたら良いのでしょうか。設定方法について解説していきましょう。ソフトバンクの海外ローミングの設定方法は、日本国内で行うものと現地で行うものがあります。

【国内でのローミング設定方法】

  1. ソフトバンクのマイページから、自分の利用しているスマホが「世界対応ケータイ」の契約があるか確認する
    海外ローミングをするためには「世界対応ケータイ」の契約が必要です。未契約の場合は、まずこちらの契約を済ませましょう。
  2. ソフトバンクで「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」「アメリカ放題」の中からいずれかを申し込む

「海外パケットし放題」は、海外でデータ通信が無制限でできるプランです。「海外あんしん定額」は1日3GBまでの範囲でデータ通信が利用できるプランです。「アメリカ放題」はアメリカ本土やハワイなど地域限定でデータ通信と通話が無制限で利用できるプランです.

【現地でのローミング設定方法】

  1. スマホの設定で機内モードとWi-Fiをオフにする
  2. スマホの設定でデータとデータローミングをオンにする
  3. ソフトバンクから海外ローミング利用開始のSMSが届くので、記載されている専用サイトにアクセスすると利用開始画面が表示される
  4. 設定完了 

「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」は、データ通信のみで通話は含まれていません。「アメリカ放題」はデータ通信だけでなく通話も無制限、しかもソフトバンクユーザーは無料で利用できるのでアメリカ本土やハワイに出かけるソフトバンクユーザーにとって、非常にお得なサービスです。

世界対応ケータイとは?通話はできる?

ソフトバンクの世界対応ケータイとは、ソフトバンクの海外ローミングサービスの名称です。

日本国内で使っているソフトバンク携帯電話を、同じ電話番号・メールアドレスで海外でご利用できるサービスです。世界対応ケータイが適用になっているスマホなら、海外でデータ通信も通話もすることができます。

世界対応ケータイ適用のスマホは、海外で通信も通話もできますが、そのままだと高額の費用がかかってしまいます。そのため、ソフトバンクの世界対応ケータイのお得なプランとして「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」「アメリカ放題」の3つを提供しています。ソフトバンクで契約しているスマホと契約プランが世界対応ケータイ適用かどうかは、ソフトバンクのサイトから確認することができます(https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/)。

「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」は、一定の金額を支払うことにより海外でのデータ通信をお得に利用できるサービスですが、通話料は含まれていません。通話も無制限だと勘違いして海外から長時間電話をすると大変なことになります。「アメリカ放題」だけが、データ通信も通話も無制限利用ができます。

海外パケットし放題とは?料金は高い?

「海外パケットし放題」は1日当たり2,980円で海外でのデータ通信が無制限で利用できるサービスです。

「海外パケットし放題」は、元々は3G携帯電話向けの海外定額サービスです。4Gや5Gスマホも利用することができますが、ソフトバンクでは料金の安い「海外あんしん定額」の利用をすすめています。

「海外パケットし放題」は、データ通信が無制限利用できますが、1日当たりの料金が2,980円で、ポケットwifiレンタルやsimカードに比べるとかなり高い設定です。「海外あんしん定額」は1日3GBまでの制限がありますが、料金は1日あたり980円から利用することができます。

韓国渡航で【海外パケットし放題】と【海外wifiレンタル】を比較

ソフトバンクのスマホを海外で利用する場合、一番お得なのはどんな方法なのでしょうか。韓国渡航を例にして、「海外パケットし放題」「海外wifiレンタル」の2つを比較してみます。

韓国渡航で【海外パケットし放題】と【海外wifiレンタル】の料金を比較

韓国渡航でソフトバンクのスマホを使用するのに「海外パケットし放題」「海外wifiレンタル」の料金を比較した場合、安く利用できるのは「海外wifiレンタル」です。

以下の表は、韓国渡航での「海外パケットし放題」「海外wifiレンタル」料金比較表です。

種別プラン1日当たりの料金
ソフトバンク海外パケットし放題2,980円
海外wifiレンタル(グローバルWiFi)韓国4G容量無制限827円

ソフトバンクの「海外パケットし放題」は、「wifiレンタル」に比べ、かなり料金が高いことがおわかりいただけると思います。

韓国でソフトバンクのスマホを料金重視で使用したい場合、本当はプリベイトsimカードを購入するのが一番お得ですが、simフリーになっているスマホしか差し替え利用できず、差し替えも自分でやらなければなりません。sim差し替えが面倒だと感じる方は、海外wifiレンタルを選んだ方が良いでしょう。

韓国渡航で【海外パケットし放題】と【海外wifiレンタル】のサービスを比較

韓国渡航でソフトバンクのスマホを使用するのに「海外パケットし放題」「海外wifiレンタル」のサービスを比較した場合、一番手軽で面倒な手続きなく利用できるのは「海外wifiレンタル」です。

下の表は、「海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」のサービスをまとめたものです。

種別メリットデメリット
海外パケットし放題・面倒な作業なしで、スマホだけでインターネット接続ができる
・期間の指定なしで無制限利用できる
・1日当たりの料金が高い
・ソフトバンクの契約プランによっては申し込み不可
海外wifiレンタル・国内空港カウンターや韓国の空港カウンターでの受取が可能
・即日申し込みが可能
・キャンペーンや特定サイトからの申し込みで料金が安くなる
・接続操作が簡単で、料金も手ごろ
・プランが豊富にある
・ポケットwifiと付属品の分、荷物が多くなる
・無制限プランの場合、レンタル料金がやや高め

「海外パケットし放題」はソフトバンクで海外ローミングサービスを申し込んでおけば、現地で即利用でき、持ち物も少なくて済みますが、とにかく料金が高いのがデメリットです。「海外wifiレンタル」は、持ち物は増えますが、出国前の空港カウンターでの受け取りが可能で、渡航先の国で即インターネット接続ができ、料金も手頃です。

また、「海外wifiレンタル」は、韓国の現地空港での受け取りも可能です。空港カウンターにはスタッフがいるので、wifiの状態確認や利用方法を確認することができるというメリットがあります。

海外でソフトバンクのスマホを使う場合におすすめのwifiレンタルサービス

事業者レンタル料金
(4G / 台湾)
受取・返却手数料申込
466円〜/日・宅配
・空港
・コンビニ
・現地
0申込
300円〜/日・空港0申込
680円〜/日・宅配
・空港
0申込
660円〜/日・宅配
・空港
0申込
1100円〜/日・宅配
・空港
0申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
466円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
・コンビニ
・現地
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
300円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
680円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
660円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
1100円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込

まとめ:海外でソフトバンクのスマホを使うには?

いかがでしたでしょうか。海外渡航でソフトバンクのスマホは使うことができるのか紹介してきました。この記事のまとめはこちらになります。

  • 海外でソフトバンクのスマホを使う場合、「ソフトバンクのスマホサービス」もしくは、「海外wifiのレンタル」、「格安simの購入」がある。これらを使用することが高額請求を免除するために必要。
  • ソフトバンクのスマホサービスには、「海外パケットし放題」「海外あんしん定額」「アメリカ放題」がある。状況によってお得なサービスも異なるので確認が必要。
  • 海外でauのスマホを使用する場合、手間の少なさで考えるなら「海外wifiレンタル」がおすすめ

慣れない海外旅行では、想定外のことが起きることもあります。海外渡航前に抱える不安を取り除きたければ、海外wifiレンタルがおすすめです。下記のボタンをクリックして比較して申し込みを進めていきましょう。

羽田空港マップ

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WiFi BOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WiFi BOX

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WiFi BOX

目次