MENU

海外でドコモのスマホを使うには?海外利用アプリの使い方は?

海外への渡航を考えている時、現地でドコモのスマホを使うことができるのか気になりますよね。また、海外で利用するアプリの使い方なども気になるはずです。

この記事を見る事で、海外へ渡航するときに現地でドコモのスマホを使うことができるか知ることができます。また、他にも海外で利用するアプリの使い方なども紹介しているので不安を払拭することができるでしょう。

目次

海外でドコモのスマホを使うには?

慣れていない海外の国では、ルート検索や情報収集などスマホを活用したい場面が多々あると思います。日本で使っているスマホを海外で使うにはどんな方法があるのでしょう。ここでは、ドコモのスマホを海外で使う方法について解説していきます。

ドコモのスマホサービスを利用

ドコモのスマホを海外で使うためには、ドコモの海外ローミングサービスを利用する方法があります。

海外ローミングとは、通信会社が提供している「海外でも通話やメール、データ通信が利用できるサービス」のことです。ドコモの海外ローミングサービスには「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の2つがあります。2つの違いについては後ほど詳しく解説します。

ドコモのスマホサービスを利用するには、ドコモへの事前申し込みが必要です。メリットとしては、面倒な作業が要らない、スマホだけでインターネット接続ができる点が挙げられます。

海外wifiレンタルサービスや格安simを利用

海外でドコモのスマホを使うには、海外wifiレンタルサービスを使う方法と格安SIMを使う方法もあります。

海外wifiレンタルサービスは、現地の回線データの入ったポケットwifiを必要な期間だけレンタルして、そのポケットwifiを使って海外でインターネット接続する方法です。格安simは、現地の回線データの入ったsimを購入し、スマホのSIMを差し替えて海外でインターネット接続する方法です。

格安SIMの場合、ドコモのスマホのSIMロック解除をしなければ差し替えて利用することができません。また、海外wifiレンタルのポケットwifiは、現地でしか利用することはできず日本国内にいる間は利用できません。

【ドコモ】スマホの海外ローミング設定方法

ドコモの海外ローミングの設定方法は、日本国内で行うものと現地で行うものがあります。

【日本国内でのローミング設定方法】

STEP1 ドコモで「WORLD WING」のご契約があるか確認する

海外ローミングをするためには「WORLD WING」の契約が必要です。未契約の場合は、まずこちらの契約を済ませましょう。

STEP2 「パケットパック海外オプション」か「海外パケ・ホーダイ」のいずれかを申し込む

「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の違いについては、後ほど詳しく説明します。

STEP3 「パケットパック海外オプション」を申し込んだ場合はドコモの海外用アプリをダウンロードする

アプリをダウンロードしても、「WORLD WING」の契約を申し込んでいなければ使えません。また、「海外パケ・ホーダイ」を申し込んだ場合は、アプリは不要です。海外用アプリの使い方については、後ほど説明します。

【現地でのローミング設定方法】

  1. スマホの設定で機内モードとWi-Fiをオフにする
  2. スマホの設定でデータとデータローミングをオンにする
  3. アプリをダウンロードしている場合は、アプリを起動して「利用開始」にする
    アプリをダウンロードしていなかった場合、ドコモからSMSでお知らせメールが届きます。記載されている専用サイトにアクセスすると利用開始画面が表示されます。
  4. 設定完了

ドコモのサイトでは、海外ローミングの設定で、渡航先や機種に合わせた「設定、料金、使い方」がわかる「スマートフォン海外利用クイックガイド」を作成することができます。クイックガイドの作成は必須ではありませんが、その後の流れがわかりやすいので作っておくことをおすすめします。

ドコモ海外利用アプリの使い方

ドコモの海外用アプリの使い方は以下の通りです。

  1. ドコモ海外用アプリを起動する
  2. 渡航先で利用出来る「パケットパック海外オプション」プランが表示されるので希望するプランの利用開始を選択する
  3. 最終確認画面になるので「開始する」を選択する
  4. 設定完了

ドコモの海外用アプリは、ほぼ「パケットパック海外オプション」だけのためのものです。「海外パケ・ホーダイ」を利用している場合は、現在利用中かどうかが確認できるだけです。

「パケットパック海外オプション」を利用している場合、ドコモの海外用アプリでプランの申し込み以外にも、「利用中のプラン」「現在利用中かどうか」「残り時間」「利用データ量」を確認することができます。

ドコモの「パケットパック海外オプション」と「海外パケホーダイ」の違いは?

「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の一番大きな違いは、海外で使用できるデータ容量です。「パケットパック海外オプション」で利用できる容量は、国内で契約しているパケット容量分だけです。一方、「海外パケ・ホーダイ」は、別途に海外用のパケットを購入するので無制限利用が可能です。ドコモの契約が通信量の少ないプランの方には「パケットパック海外オプション」は向いていません。

「パケットパック海外オプション」には1時間・24時間・3日間・5日間・7日間のプランがありますが、その期間内だけドコモで契約しているパケットを海外で利用できるというものです。海外で使用した通信量が契約をオーバーした場合、オプション申し込み期間内であっても速度制限がかかります。「海外パケ・ホーダイ」の場合は、1日当たり最大2,980円で別途に海外用パケットを購入する形なので、海外での通信は無制限で利用できます。

「パケットパック海外オプション」を利用するには、「WORLD WING」の契約のほか、「パケットパック海外オプション」自体の事前申し込みが必要ですが、「海外パケ・ホーダイ」は「WORLD WING」の契約さえしておけば、事前の申し込みは必要ありません。

韓国渡航の場合【海外パケ・ホーダイ】、【海外wifiレンタル】、【sim差し替え】を比較

ドコモのスマホを海外で利用する場合、一番お得なのはどんな方法なのでしょうか。韓国渡航を例にして、「海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」の3つを比較してみます。

韓国渡航で【海外パケ・ホーダイ】、【海外wifiレンタル】、【sim差し替え】の料金を比較

韓国渡航でドコモのスマホを使用するのに「海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」の料金を比較した場合、一番お得な金額で利用できるのは「sim差し替え」です。

以下の表は、韓国渡航での「海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」料金比較表です。

種別プラン1日当たりの料金
ドコモ海外パケ・ホーダイ容量無制限2,980円
海外wifiレンタル
(グローバルWiFi)
韓国4G容量無制限827円
sim差し替え韓国SIMカード3日間
KT正規 高速データ無制限(音声通話なし)
617円

ドコモの海外パケ・ホーダイは、wifiレンタルとsimカードに比べ、かなり料金が高いことがおわかりいただけると思います。sim差し替え用のsimカードは、データ通信のみですが、この中では最安で利用することができます。

韓国でドコモのスマホを料金重視で使用したい場合、プリベイトsimカードを購入するのが一番お得ですが、スマホによって使用するカードのサイズは異なります。また、simカードは、simフリーになっているスマホしか差し替え利用できず、差し替えも自分でやらなければなりません。sim差し替えが面倒だと感じる方は、海外wifiレンタルを選んだ方が良いでしょう。

韓国渡航で【海外パケ・ホーダイ】、【海外wifiレンタル】、【sim差し替え】のサービスを比較

韓国渡航でドコモのスマホを使用するのに「海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」のサービスを比較した場合、一番手軽で面倒な手続きなく利用できるのは「海外wifiレンタル」です。

下の表は、海外パケ・ホーダイ」「海外wifiレンタル」「sim差し替え」のサービスをまとめたものです。

種別メリットデメリット
海外パケ・ホーダイ・面倒な作業なしで、スマホだけでインターネット接続ができる
・期間の指定なしで無制限利用できる
・1日当たりの料金が高い
・ドコモの契約プランによっては申し込み不可
海外wifiレンタル・国内空港カウンターや韓国の空港カウンターでの受取が可能
・即日申し込みが可能・キャンペーンや特定サイトからの申し込みで料金が安くなる
・接続操作が簡単で、料金も手ごろ・プランが豊富にある
・ポケットwifiと付属品の分、荷物が多くなる
・無制限プランの場合、レンタル料金がやや高め
simカード・料金が安い
・現地でも購入しやすい
・プランが豊富にある
・スマホのsimロック解除が必要
・sim差し替えは、不具合があっても自己責任
・スマホの機種によっては面倒な設定が必要になることがある

「海外パケ・ホーダイ」はドコモで海外ローミングサービスを申し込んでおけば、現地で即利用でき、持ち物も少なくて済みますが、とにかく料金が高いのがデメリットです。格安simは料金は安く、スマホのsimロック解除が必要なため、その手続きが面倒です。また、simの差し替えはリスクが伴います。

「海外wifiレンタル」は、持ち物は増えますが、出国前の空港カウンターでの受け取りが可能で、渡航先の国で即インターネット接続ができ、料金も手頃です。また、韓国の場合、現地空港での受け取りも可能です。空港カウンターにはスタッフがいるので、wifiの状態確認や利用方法を確認することができるというメリットがあります。

海外でドコモのスマホを使う場合におすすめのwifiレンタルサービス一覧

事業者レンタル料金
(4G / 台湾)
受取・返却手数料申込
466円〜/日・宅配
・空港
・コンビニ
・現地
0申込
300円〜/日・空港0申込
680円〜/日・宅配
・空港
0申込
660円〜/日・宅配
・空港
0申込
1100円〜/日・宅配
・空港
0申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
466円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
・コンビニ
・現地
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
300円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
680円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
660円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込
事業者
レンタル料金
(4G / 台湾)
1100円〜/日
受取・返却・宅配
・空港
手数料0
申込申込

まとめ:海外でドコモのスマホを使うには?

いかがでしたでしょうか。海外渡航でドコモのスマホは使うことができるのか紹介してきました。この記事のまとめはこちらになります。

  • 海外でドコモのスマホを使う場合、「ドコモのスマホサービス」もしくは、「海外wifiのレンタル」、「格安simの購入」がある。
  • ドコモのスマホサービスには、「パケットパック海外オプション」と「海外パケホーダイ」がある。大きい差は海外で使用できるデータ容量。
  • 海外でドコモのスマホを使用する場合、料金で考えるなら「格安sim」、手間の少なさで考えるなら「海外wifiレンタル」がおすすめ

慣れない海外旅行では、想定外のことが起きることもあります。海外渡航前に抱える不安を取り除きたければ、海外wifiレンタルがおすすめです。下記のボタンをクリックして比較して申し込みを進めていきましょう。

羽田空港マップ

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルモバイル

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

WiFi BOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WiFi BOX

PENTACT Wi-Fi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WIFIBOX

グローバルWiFi

グローバルWiFi

WiFi BOX

目次