• HOME
  • Q、複数カ国またいで使えるレンタルwifi、速度やその他の性能はどれほどなのか?

facebookでお得情報配信中

利用可能国一覧から検索する

不安を解消!海外WiFiQ&A よくある質問

Wi-Fiブログ

海外WiFiアンケート

ヨーロッパtop
目次
■はじめに
■2か国以上のwifiがある人気ブランド
■通信速度は国によって変わるの?
■通信量はどのくらい?
■どの国とどの国で使えるの?
■終わりに

海外用レンタルwifiの中には複数か国またいで使うことができるものがあります。普通は1か国でしか使うことができないので、国をまたいで使えるといちいち借りなおす必要がないので便利です。

1か国用であれば、その国に特化した使用になっているので使いやすいだろうなと容易に想像がつくかと思います。ですが、国を町でも使えるものの場合、通信が社が変わった先で通信状態が悪くなるのではないか・遅くなるのではないかなど心配されるかもしれません。果たしてどのくらい性能は一定なのでしょうか?調べてみました。

長期の旅行などをする場合、複数の国へ行く人が多いかと思います。国によってフリーwifiの数に差があるので、国をまたいで使うことができるwifiをあらかじめ用意しておいた方がよいでしょう。
そういったニーズに応えるべく、近年では多くの会社が複数か国で使うことのできるwifiを用意しています。
特に当サイトで人気のレンタル会社がこの3社です

人気NO1,
テレコムスクエア 非常に安い値段で世界周遊のwifiを借りることができる会社です。1か国用も沢山あるwifi会社の中でも、特に安いです。通信の上限がないので、通信制限がかからないかびくびくしながら使わなくてよいのでコスパが非常に良いです。

人気NO2,
グローバルwifi ビジネス向けのプランや留学者向けのプランなど、さまざまなプランが用意されています。速度が速く安定していると評判です。

人気NO3,
イモトのwifi 移動中でも途切れることなく?がる!と驚かれます。空港での受け取り・返却ができ、ぎりぎりの申し込みでも借りることができたなど非常に便利で借りやすい。急な出張などに便利です。

そのほかにも人気なブランドは、【ワールドデータ】【トラベルコム】【JAL ABC】【ユーロデータ】などです。

変わることもあります
と、いうのもその国がどれくらい通信回線の整備をしているかにレンタルwifiの速度は依存するからです。

そもそもレンタルwifiが海外でつながるのは、その国の通信会社の電波をかりて私たちが持っている機器に対応した電波に変換しているのです。 つまり、その国の大手通信会社の通信網があまり整備されていない地域ではキャッチできる電波が弱かったり・途切れたりするため障害が生じることがあります。

その国で通信速度の速い回線が用意されている場合、その回線から電波を拾えるwifiなら早い通信が期待できます。

wifiの性能の欄に4G LTEと書かれていれば、行った先の国で4G回線が用意されている場合高速通信が可能です。行った先の国に4G回線があったとしても、wifiの性能欄に3Gとしか書かれていない場合は3G回線という4Gの一つ古い回線しか使えません。つまりは少し遅いのです。
また、wifiが4G LTE対応であったとしても渡航先に3G回線しかないとすれば3G回線を使うことになります。
2Gというのもありますが、高速通信が当たり前となった現代となっては非常に遅く感じるでしょう。

各レンタル会社によって差があります。 基本的には、「通信回線は平等に分け合いましょう」という取り決めに基づいて、3日で400MB、1日では130MBと決められています。これでは仕事などで使いたい方の場合、かなり足りなくなるという人も出てくるでしょう。そこで、レンタル会社の企業努力によって、上限を引き上げたり・なくしたりしている場合もあります

複数か国またいで使えるレンタルwifiの場合、特に通信量が多いものは
・ワールドデータ;ギガ(GB)制限なし
・ユーロデータ;ギガ(GB)制限なし
・グローバルwifi;大容量プランなら、1日500MB
・イモトのwifi;大容量プランなら、利用無制限

複数人で一つのwifiをシェアする場合、仕事や留学などで大きなファイルのやり取りをしなければならないと分かっている場合は通信量に余裕のあるプランを選ぶと良いでしょう。

また、大容量プランであっても短期的にたくさんの通信量を利用した場合制限がかかることもあるのでご注意ください。

これは各会社の、そのwifiのプランによって変わります。同じヨーロッパ周遊だとしてもA社とB社で使える国・使えない国が微妙に変わってきます。

メジャーな国はもちろんどの会社もカバーしています。しかし、少しマイナーな国にも滞在したい。そこでも自分があらかじめ借りていたwifiを使いたいという場合はしっかり確認しておく必要があります。

また、陸路で移動する場合などは特に通過する国は対応かどうか確認しておいた方がよいでしょう。電車に乗っているだけだからネットにつながらなくてもいいという場合は、対応していないwifiを借りても全く問題ないでしょう。しかし、乗り換えや少しそこで滞在する場合はどうでしょうか?長くとどまるわけでないから、対応していないプランを選んでも大丈夫と思われるかもしれません。しかし、言葉が通じない・法律が違う・以前いた国よりwifiスポットがないなど、様々な問題が生じるかもしれません。
陸続きでも、全く異なる文化の中に入ることを意識して必要か否か判断しましょう。

複数か国またいで使えるwifiの場合、1か国用より割高になる場合がほとんどです。ちょっと躊躇してしまうかもしれません。ですが、どの国でもすぐwifiを見つけられるとは限りまえん。

英語など、なんとなく標識が読める言語の場合は移動などでさほど困らないかもしれません。しかし、全く読めない言語の場合レストランで注文しようにも全く分からず困るでしょう。

どんな時でもネットにつなげ、言葉やマナー・公共交通機関の利用の仕方など調べることができれば、非常にスムーズで快適な旅になるのではないでしょうか?分からないからチャレンジをやめてしまうのは勿体無いです。その都度調べながらでもいいので、どんどん行動してみるのはいかがでしょうか?

注意事項

  • 当サイトでは、細心の注意を払っておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。

  • 当サイトで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても 責任を負いかねますのでご了承下さい。

  • 海外WiFiレンタルサービスに関する価格、お申込み等、詳細につきましては ご利用者様自身がリンク先の取り扱い各社サイトにて確認を行って頂きますようお願い致します。

  • 当サイトでは、海外WiFiレンタルサービスに関する情報を掲載しておりますが、 サービス利用契約の代理、媒介、斡旋を行うものではありません。 したがって契約、サービスに関するいかなる被害、損害、トラブル等が発生した場合でも 当サイトでは一切の責任を負わず、ご利用者様と取り扱い会社、双方の間で解決するものとします。

  • 当サイトには外部リンクが含まれておりますが、 リンク先での契約や契約等で発生した損害、お客様の個人情報の保護等について一切の責任を負いません。

  • 当サイトご利用の上、お申込みをされた場合、以上の注意事項にご同意頂いたものとします。

WiFiレンタル詳細比較

行きたい場所をホーム画面から検索