• HOME

    海外WiFiレンタルレポート テレコムスクエア

facebookでお得情報配信中

利用可能国一覧から検索する

不安を解消!海外WiFiQ&A よくある質問

Wi-Fiブログ

海外WiFiアンケート

海外WiFiレンタルレポート テレコムスクエア

海外旅行でテレコムスクエアのWiFiを使用

今回学生最後の卒業旅行はやっぱり海外に行きたい!
そこで選んだ国はリゾート地としても有名であるインドネシアのバリ島です。
旅行にかかる費用も比較的安い国ということもあって学生にとっては人気のある国ではないかと思います。
しかし、全員が海外旅行経験があるわけではなく、もちろん私も初めての海外だったので不安があったこと
宿泊するホテルを事前に調べたところフリーのWiFiがないということ(実際にはありました)、
以上の二つの理由から安全にネット環境を利用するためにWiFiをレンタルすることに決めました。
4人での旅行で選んだWiFiレンタル会社はテレコムスクエアです。
複数人が同時に接続しても問題が無いよう大容量のWiFiをレンタルしている会社を選びました。

実際に現地で利用してみて

現地での利用例
私たちが現地でWiFiを利用した例としては主にスマートフォンのアプリのマップや、翻訳、SNSです。
バリ島のガイドブックは持参しましたが、現地で予定の変更があった私たちにとってはネット環境の利用は大変便利でした。
アプリのマップによって現在位置の把握、目的地までの距離、かかる時間も割り出してくれるため予定変更にも早急に対応することができました。
翻訳機能によって料理メニューの情報を正しく把握することができます。
また、海外では商品購入の際に実際の価格よりも多い金額での見積もりを出されるケースいわゆる「ぼったくり」が特に観光地では多く見られます。そういった場合でも、交渉に翻訳機能はとても役立ちました。
現地にいながらSNSを利用することで日本の友達とも連絡を共有することもできました。
LINEを利用すれば日本にいる人と電話することもできます
不安が多い海外旅行では情報が必要となります。効率的に情報を手に入れるために必要なのがネット環境。そして海外でネット環境を利用するためにはWiFiが必要だと改めて感じました。

申込みから返却までの流れ


申込み

インターネットによる申込み。
個人情報(名前、住所、電話番号、メールアドレス 等)を入力し、受取方法を入力します。空港受取の場合は利用する空港名、出発ターミナル、到着ターミナル、航空機の便名、出発時間、到着時間、渡航先によってはパスポート番号などを入力します。
私は成田空港第二ターミナルからの出発だったのでその通りに入力しました。

決済

決済は基本的にクレジットカード決済です。
カードの情報を入力して申込完了です。
申込みがすべて済んだらWi-Fiを借りた会社から登録したメールアドレスに申込み完了を伝えるメールが送られてきます。
そのメールに会社のURLが添付されているので、急な変更、予約のキャンセル等が行なえます。電話での応対もしていました。

受取り

成田空港第二ターミナル 3階 受取カウンター

出発日当日には身分証・申込確認書が必要となります。
※事前に準備が必要となります。
私は成田空港第二ターミナル三階のカウンターで受取を済ませました。
受取にかかる時間は並ぶ時間も含め5分程で済みました。
※時間帯によって差があります。
成田空港第二ターミナルのカウンターには予約受取だけではなく、当日に申し込んでの受取も可能でした。

レンタル品

WiFiルーター本体

充電器・変圧器

受け取ったものは以下の通りです。

・Wi-Fiルーター本体
・充電器
・変圧器

設定方法


WiFiルーター本体 表

WiFiルーター本体 裏

海外に到着したら真っ先に機内モードに設定
現地の回線を拾ってしまうと後に高額請求がありますので現地の回線を拾わないために必ず機内モードに設定、またはモバイルデータ通信をオフにしてください。
機内モード設定またはモバイルデータ通信オフが済んだらWiFiルーターの電源を入れ使用することができます。
電源ボタンを5秒ほど長押しすることで電源が入ります。



WiFiの電源が入ったらスマートフォンの設定に移ります。
WiFiルーター本体の裏にIDとパスワードが記載されています。
本体裏に記載されているIDと同様のIDをスマートフォンのWiFi選択画面から選びます。
IDを選択するとパスワード入力画面に移行します。
パスワードもWiFiルーター本体裏に記載されているため確認し入力することでWiFi接続完了となります。



WiFi選択画面

WiFiパスワード入力

充電方法

WiFiルーター充電方法

WiFiルーターの充電
海外でWiFiルーターを充電する際基本的には日本と同様ですが、
異なる点として変圧器の使用が不可欠です。
海外と日本では、電圧が異なるため電圧を変換する変圧器が必要となります。
画像のように変圧器を加えて充電しましょう。

返却

成田空港第二ターミナル 1階

日本に帰国したらWiFiルーターの返却となります。
返却は成田空港第二ターミナルの場合1階カウンターです。
※受取場所とは違うためご注意ください。

返却はとても簡単で画像の右下にある返却BOX入れるだけです。
返却が済めばWiFiのレンタルが終了となります。

WiFiルーターは初めての海外旅行の不安を解消するアイテム!
今回、私には初めての海外旅行でしたが旅行中は不自由することなく過ごすことができました。
その要因として大きかったのがやはりWiFiルーターだったと思います。
海外は日本に比べてフリーのWiFiの数が多くWiFiをオンに日本よりも多くのWiFiが検出されます。
しかし、フリーWiFiは情報流出などリスクもあり、海外に慣れていない場合WiFiは不可欠だと感じました。
海外でのネットの利用頻度は日本での利用より確実に下がるとは思いますが、
WiFiは少し困ったとき、少し楽をしたい時といった「少し」を補うことができると感じました。
テレコムスクエアの詳細はこちら

WiFiレンタル詳細比較