• HOME

    海外でインターネットを使う方法

facebookでお得情報配信中

利用可能国一覧から検索する

不安を解消!海外WiFiQ&A よくある質問

Wi-Fiブログ

海外WiFiアンケート

海外でインターネットを使う方法

【PICK UP!!】比較サイトが選ぶ格安おすすめWiFiレンタルブランド!

当サイトでご紹介している海外WiFiのレンタルブランド15社の中から人気ブランドをご紹介!

GLOBALWIFI

期間限定割引セール中!

今なら受取返却手数料無料!

キャンペーン申込はこちら

GLOBALDATA

当サイト限定セール中

利用料金20円/日引き!

キャンペーン申込はこちら

ユーロDATA

ヨーロッパWiFi690円/日~

早割でさらに10%OFF

キャンペーン申込はこちら

海外でインターネットを使う方法について

渡航される際、日本にいたときと同じようにご自分のパソコン、iPhoneやAndroidスマートフォンでインターネットが使えたら便利ですよね。現地の最新情報を得たり、マップを使って観光地に行ったり、撮った写真や旅行日記などをSNSへ投稿できたら、さらに旅行が充実したものになると思います。

ですが、「海外でいつものように携帯電話やスマホを使うとデータ通信の料金はどうなるの?」という不安があり、なかなか思うように使えないことがあります。そこで、ここでは海外でもインターネットを使える方法を4つ、それぞれのメリット・デメリットなど、詳しい情報とともに、ご紹介いたします!

1.街中や建物内にある無料WIFIスポットを利用する

日本でも最近になって急増しているWIFIスポットですが、海外にもあり、使うことができます。要領は同じですので、日本で使ったことがある方は簡単に接続できるでしょう。

○メリット

  • ・利用料が無料
  • ・契約や設定、インストールの必要がないので簡単
  • ・WIFI受信機能付きの端末であれば、ほぼ全て利用可能

×デメリット

  • ・自分からWIFIスポットまで出向かなくてはいけない → ネットを使いたい時にその場ですぐにネット接続できない
  • ・セキュリティが不安 → セキュリティ対策が講じられていないものも…
  • ・なぜか接続できないケースも → FREE WIFIと表示されているのにもかかわらず、原因不明で繋がらないことがある
  • ・突然サービスが終了する場合も
2.WIFIルーター(pocket WIFI)をレンタルする

WIFIルーターとは、モバイルWIFI機器のことであり、電波の届く場所ならいつでもどこでも、WIFI機器を使ってインターネットが出来るというものです。WIFIが1台あれば複数のWIFI対応機器(パソコン・iPhone・Androidなど)が同時にインターネットできます。

友達複数人で1台借りるとよりお得になります。海外(海外)ではMIFIやCLEARspots(アメリカのWiMAX回線)などのWIFI機器を1日単位で借りることができます。オアフ島ではほぼ全てのエリアで3Gデータ通信ができますし、主要エリアでは4Gデータ通信も可能です。

早くつながるWIFIルーターを選択してレンタルすれば、日本と変わらず使いたいときに高速のインターネット接続ができ、快適に感じられるでしょう。

○メリット

  • ・複数のWIFI対応機器を同時接続可能 → 複数人で1台使えば経済的!
  • ・電波の届く場所なら、いつでも・どこでも使用可能 → 都市から離れた山奥や農村部でない限りサクサクつながります
  • ・多くのレンタル会社で使い放題プランあり → 接続時間や通信料金を気にする心配はありません
  • ・1日あたりのレンタル料金が安い → 会社によっては長期割引も実施しています
  • ・日本で受け取っていけば海外に着いてすぐに利用できます

×デメリット

  • ・バッテリーの消費に気をつけることが必要 → 途中で充電したり、使うときのみ電源を入れるなどの工夫が重要
  • ・(わずかですが)荷物が増える → 最近の機種は小型化しています
  • ・破損や紛失の場合には賠償費用がかかる → 万が一のトラブルの為の保険がオプションで入れます 1日200~300円の追加料金あり
  • ・受取日から返却日までのレンタル料金が発生 → WIFIを利用していなくても料金がかかります
3.海外の通信会社のプリペイドSIMカードを利用する

ご自身で日本から「SIMフリーのAndroidスマートフォン」を持って行き、海外で「プリペイドSIMカード」を入手して、インターネットの接続をします。SIMフリーのアンドロイド携帯にアメリカの通信会社である「AT&T」のプリペイドカードSIMカードを入れます。そうすることによって、電話(アメリカ内のみ)とインターネットの両方を利用できます。

「SIMフリーのAndroidスマートフォン」に、テザリング機能がついていれば、WIFIルーターとしても使うことができるので、複数のスマートフォンやタブレット、パソコンなども同時にネット接続することができます。「SIMフリーのAndroidスマートフォン」は日本で購入可能です。

※注意事項※

①iPhoneはAT&TがプリペイドSIMの利用を認めていません。ですのでデータパックの契約は出来ないようです。iPhoneの場合には、WIFIルーターのレンタル等で対応される方法が最も確実です。

②SIMロックを解除したドコモ機は、他社SIM利用時にテザリング設定ができないことがあります。ご注意ください。

③使用するスマートフォンがW-CDMA(3G)の850MHzか1900MHzに対応していないと使用できません。確認が必要になります。

○メリット

・インターネット接続やアメリカ国内通話ができる → 日本への通話は、別途契約が必要です。 ・電波の届く場所ならどこでもインターネット・電話使用可能 ・料金は1ヶ月40ドルからと低価格(AT&Tのスマホ向けプランで。端末代は除く)

×デメリット

  • ・通信速度が少し遅い → 3GでMAXで1-2Mbpsとなる
  • ・使い放題ではなくデータ量を決めて契約する → 契約したデータ量を使い切ると追加購入が必要になります
  • ・ファイルダウンロードや動画視聴などの大容量のデータ通信には不向き → データプランの上限に達してしまうため
  • ・SIMフリーのAndroid携帯をお持ちの方、または購入を予定されている方
  • ・インターネット接続だけではなく、アメリカ国内通話もしたい方
  • ・プリペイドSIMを入手しに行ける時間がある方(店はアラモアナなどにあります) → 手続きは簡単で、すぐに終わります
  • ・場所や時間を気にせず、ネット接続と米国内通話がしたい方
  • ・ご自身の日本の携帯に掛かってきた電話を、格安で転送受信したい方 → スカイプを利用し、日本で利用している携帯番号に掛かってきた電話をSIMフリースマホで受信することも可能です

以上のようにお考えのお客様には特にオススメです。

4.キャリアの海外パケット定額サービスを利用する

docomo・au・SoftBankは、海外に行かれた際にもネット接続できるよう、一日のパケット通信料を定額にするサービスを行っています。

電話回線を使っての通話は海外パケット定額には含まれませんので別料金になります。

【キャリア:サービス名】

  • ・docomo :海外パケ・ホーダイ
  • ・au :海外ダブル定額(4G LTE)
  • ・SoftBank :海外パケットし放題

○メリット

  • ・利用した分だけ通信料がかかり、ある程度までいくと一定額になるので、使用状態で料金を自分で調節可能
  • ・電波の届く場所ならどこでも、何時でも使用可能
  • ・いつも使って慣れているiPhoneやAndroidスマートフォンだけでネットが接続できる
  • ・ホノルル空港に着いた瞬間から利用できる
  • ・サービスに必要な設定や申込・利用方法など、渡航前にショップやサポートセンターに直接問い合わせることができる(ドコモはワイキキにサポートデスクがあります)

×デメリット

  • ・使った量に応じて段階的に料金が上昇するため、費用を抑えたい場合、常にデータ量を気にする必要がある → たとえば、動画のダウンロードなどの大容量データ通信を数回行うと上限の2980円/日になります
  • ・「1日」の基準が日本時間なので、1日のデータ量や利用料を見る場合は、日本時間で考えなければならない → 海外の場合、「1日」が朝5時~翌朝4時59分59秒のサイクルになるため、早起きの人は注意が必要になるでしょう
  • ・現地で携帯電話の通信事業者設定が必要な場合あり → 最近は国とキャリアによっては自分で設定不要のところが増えてきていますが、万が一高額請求などになると大変ですので、ご自身で渡航先の提携通信会社を手動で設定されると確実です
  • ・長期滞在などで、海外での使用日数が多いと料金が高額になる

『とにかく簡単に海外でインターネットをしたい方』には大変オススメの方法です。

以上、4つの、海外でのインターネット接続方法をご紹介致しました。

どの方法もメリット・デメリットがありますので、皆様の利用方法、頻度、また、皆様の渡航日数、料金などをお考えいただき、一番ご自身に合った方法を試してみてください。

WiFiレンタル詳細比較